FC2ブログ
配信環境に革命が起きた(個人的所見) Open Broadcaster Software - APH's Hideout


ブログランキング参加中。…一応。

ツイッターやっています。ツイート量が尋常じゃないのでもしフォローいただく場合は注意してください。
***実況動画リスト***


配信環境に革命が起きた(個人的所見) Open Broadcaster Software

どうも、天ノ河ちゃんです。
今回はクッソ真面目な記事を書こうと思います。
タイトルにもあるように、Open Broadcaster Softwareというソフトについてお話しようかと。

通称OBSと呼ばれ、これが何かっちゅーと、読んで字の如く「オープンソースの配信ソフト」です。
オープンソースなので、有志の方々及びユーザーが開発を進めていくアレですね。
無料で落とせる割にソフト動作も軽く、かつ配信するならコレだけあればいいというお手軽感もあります。
詳しい話は続きからどうぞ。超長いです。
img00.png
諸々設定済みですが、とりあえず起動するとこんな感じの画面が出てきます。
シーンとかソースとかについては後述。とりあえず設定を弄ろう。
ゲームを起動するとまずオプションを触るのが天ノ河流。

img01.png
左側に詳細な設定項目があり、右側にその内容が表示されるタイプですね。
プロファイルとは、保存した設定の事を指し、配信を行うサイトごとなどで分けたりも出来ます。

img02.png
エンコードについて。
ここではビットレート周りを設定します。
この辺も配信を行うサイトだとか、ゲームだとかでプロファイルを分けて設定すると便利。
ワタシは大体今表示されているぐらいの設定でやっています。

img03.png
放送設定ですね。ここで配信を行うサイトへのサーバーアドレス入力等を行います。
モード:配信・ローカル録画から選べます。※
サービス:ワケワカメなので弄ってません
サーバー:Ustの「リモート」で拾えるアレです。
プレイパス/ストリームキー:同上。
自動再接続:ワケワカメ
自動再接続の遅延時間:ワk
配信の遅延時間:ワ
ネットワークインパクトを最小化:w
配信が停止した場合でも録画を続行:文字のママです。お好みでどうぞ。
ファイルを保存:ローカル録画する際にチェックを入れます。
配信を開始するホットキー:お好みでどうぞ
配信を停止するホットキー:同上

img04.png
ビデオ設定ですね。ここでは配信の解像度やFPSを設定します。
SCFH DSFだとバイナリ弄らないといけなかったFPS設定が簡単にできるのがいいですね。
アダプタ:グラボ積んでたら表示されると思われ
配信映像:解像度の設定はここから。
画面:コチラを選ぶとモニタ全体をキャプチャします。
解像度の縮小:キャプチャ対象がでかかった場合の措置です。縮小するほど負荷は増えるかと
フィルタ:ワケワカメ
FPS:ヌルヌルなら60、安定なら25~30ぐらいで。
AEROを無効にする:お好みで。

img05.png
音周りの設定ですね。ここで配信を行うデバイスを選択します。
デスクトップサウンドデバイスと、それ以外のデバイスを個別に設定する事で、ステミキがなくても実況配信が出来るというスグレモノ。
あとボリュームをガツンと上げることも可能。ただし微調整は不可能です。

img06.png
詳細設定です。小難しい設定となっております。
分からなければ弄らないのが無難です。それでも配信は可能でした。
ちなみになんですが、コーデックはx264オンリーとなっております。
なので、FMEみたいに動きが多いやつはVP6で、と言うような事は出来ません。
デフォルトは割と高圧縮な設定ですが、十分高画質です。

img07.png
ノイズゲートの設定です。雑音を入れたくないときにどうぞ。
ノイズ自体はカットできませんので、あしからず。

img08.png
さて、一通り設定を見てきましたので、メインに戻ってきました。
次はシーンとソースについてです。
シーンとはソースの塊で、ソースが配信画面に映るアレです。
画像は、ソースの枠の中で右クリを押した状態です。
これも一つずつ見て行きますか。

img09.png
ウィンドウキャプチャ。アクティブになっているウィンドウをキャプチャします。
ゲームやブラウザをキャプチャするときはコイツの出番でしょう。

img00(2).png
画面キャプチャです。
特定の範囲内を指定して写すアレです。

img11.jpg
こんな感じの白枠が出ますので、四隅を引っ張って範囲指定しちゃってください。

img10.png
img12.png
お次は画像、画像スライドショーです。
画面に画像を挿入します。透過PNG及びGIFアニメ対応です。びっくり。

img13.png
テキストソース。画面に文字を挿入します。
画像や文字の挿入が一つのソフトでできるのは本当にありがたい。
フォント、字体、サイズ等々自由自在。

img14.png
次はビデオソースですね。
ウェブカムなどの挿入を行います。

img15.png
ゲームキャプチャ。若干動作が不安定なところもありますが、DirectX動作するゲームなどを検出してキャプチャします。
もちろんウインドウキャプチャで事足りる事もあります。

img17.png
はい。これで一通りみてきました。
これがあれこれやったときのプレビュー画面です。
いつもの天ノ河ちゃんの配信ですね(´へωへ`*)

さて、ここから先は関連資料となります。
配信テストの様子

実際にOBSを使って配信したときの録画ビデオです。
4時間近くあるので飛ばし飛ばしみてください。
あとワタシの配信の雰囲気も見られます。

※無理矢理録画ソフトとして使ってみる

ビットレートを自由に入れられるので、6000kbsくらいでキャプチャすりゃ普通に録画ソフトとして使えるんじゃね?
という短絡的な発想から、とりあえず艦これをキャプチャしてみました。
解像度は854×480です。元ファイルサイズは95MBです。
…使えるよ、これ。
録画ソフトとして。
コーデックが設定できないのはアレですが、ゲーム画面を自由に配置した上で録画できるということは、偽トロでDSのゲームをキャプチャするときに凄い役立ちます。
関連記事

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

とにかく記事の量が膨大なので、検索しちゃって下さい

カテゴリー+月別アーカイブ

カテ一覧と月別アーカイブです。
 

ブロとも申請フォーム

プロフィール

防毒人間

Author:防毒人間
ゲームのプレイ日記とお出かけのレポートが中心のブログを運営しております。

バナー

↓ようやく名前が載った(No.158)ので再び掲載。魔物娘応援中です。
広がれ魔物娘の輪!!わたしたちは魔物娘を応援します!